注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

マッチングアプリで彼女ができるまでの期間って?【女性目線で解説】

  • 2020年5月18日
  • 2020年5月18日
  • 恋人

最近では出会いのツールの中に含まれるマッチングアプリ。

仕事の疲れをいやしてくれる彼女がいればなあと思い、マッチングアプリの使用を検討している人も多いでしょう。

けれど中には、

マッチングアプリでの恋活はあまり時間が取られないって聞くけど、実際にマッチングアプリで彼女ができるまで、どれくらい時間がかかるのだろう?

 

こんな疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。 また、

付き合うまでの平均期間も知りたいけど、女性へのアプローチの仕方が分からなくて、マッチングアプリに興味はあるけど、使う決心がつかない

 

という人もいると思います。

男友達に女性へのアプローチの仕方を聞くことはできますが、そのアプローチで女性がどう感じるのかは分かりませんよね。

そこで、マッチングアプリで彼女ができるまでの平均期間と、マッチングアプリで彼女を作る4つのコツを紹介します。

女性目線の解説やアドバイスを知ることで、彼女ができる確率がグッと上がるかもしれませんよ。

 

マッチングアプリで彼女ができるまでの流れ

マッチングアプリを使用したことがない人の中には、彼女ができるまでの流れが分からないという人もいると思います。

そこでまず、マッチングアプリを使用したことがない人のために、アプリに登録してから彼女ができるまでの簡単な流れを解説します。

 

これがマッチングアプリで彼女ができるまでの簡単な流れです。いきなり気になる女性にメッセージを送れる訳じゃないんです。

マッチングアプリで彼女を作るためには、男性と女性の両方が「いいね」を送り合わなければいけません。これを「マッチング」といいます。

マッチングが成立して、やっとメッセージのやり取りができます。

その後は正直、普通の恋愛とあまり変わりません。仲良くなって、何回かデートして、告白の結果で付き合えたり、ダメだったりします。

少し違うところは、何回かデートしているのなら、告白しても振られることはあまりないというところです。

マッチングアプリでは、アプリでメッセージのやり取りをしているので、好意がなければ、すぐに相手との関係を切ることができます。

すぐに関係を切ることができるのですから、少しでも「この人いいな」と思っていないと、何回もデートしませんよね。

 

マッチングアプリで彼女ができるまでの平均期間

それでは、本題のマッチングアプリで彼女ができるまでの平均期間です。

付き合うまでの平均期間はおおよそ2カ月から3カ月と言われています。意外と短いと感じる人もいると思います。

この平均は、モテる人が平均期間を底上げしているからではありません。

2カ月から3カ月と意外と短い理由は、マッチングアプリを使っている人がそもそも恋人がほしいと思っているからです。

お互いに恋人がほしいと思って、メッセージを交換したり、デートするのですから、初めから恋人としてどうかをチェックしている訳ですよね。

3カ月あれば十分、相手をチェックできるということでしょう。

恋人としてどうかをチェックするのに、「3カ月じゃ短い、もっと時間をかけたい」と思う人もいるかもしれません。

けれど逆に、恋人としてどうかのチェックにあまり長い時間をかけすぎると、恋人にできる可能性がグッと低くなってしまうのです

その理由は、他の恋人候補の方へ行ってしまうからです。

恋人がほしくてマッチングアプリを使用しているのですから、できるだけ多くの男性にコンタクトをとった方が効率がいいに決まっています。

いつまでも告白されないと、相手も付き合う気がないと思ってしまいますよね。それなら、付き合える可能性が高い人の方へいこうと考えてしまう訳です。

同じマッチングアプリを使用している男性全員がライバルなのですから、なるべく早めに決着をつけた方が良いのです。

付き合うまでの平均期間とは言っていますが、告白の成功率が一番高い期間が2カ月から3カ月だと考えてもいいのかもしれません。

 

告白までの平均デート回数

マッチングした女性と付き合うまでの平均期間は2カ月から3カ月でした。ではその間、何回くらい食事などのデートをするのでしょうか。

告白までの平均デート回数はおおよそ5回くらいだそうです。

付き合うまでの平均期間と合わせて考えると、1カ月に2回くらいデートして、3カ月目くらいで告白ということになります。

お互いに仕事をしている場合がほとんどだと思いますし、これくらいがちょうどいいペースなのかもしれませんね。

告白については、男性から告白してほしいと思う女性は多いです。

告白するのは男性、女性ともすごく勇気のいることですが、何歳になっても女性は夢見るものです。最初に男らしいところを見せておくのも良いかもしれません。

とはいえ、最近は肉食系とよばれるような、自分からグイグイいける女性も多いです。

女性の方から告白されたとしても、男らしさがないと思われることは少ないと思うので安心してください。

 

気になる女性とマッチングするコツ4つを紹介

マッチングアプリで彼女を作るためには、まず女性とマッチングしなければいけません。

マッチングできないと、デートするどころか、メッセージを交換することすらできません。

そこで、気になる女性とうまくマッチングするコツを4つ紹介します。

  1. プロフィールを充実させる
  2. 1人だけにでなく、何人かに「いいね」を送る
  3. 返信しやすいメッセージを送る
  4. 最初のデートは、食事などで軽い雰囲気にする

 

プロフィールを充実させる

まずは、自己紹介文ともいえるプロフィールをしっかりと書きましょう。

よほどのイケメンなら、プロフィールが適当でも写真があれば女性は寄ってくるかもしれませんが、そんな人はなかなかいません。

プロフィールの埋められる項目はできるだけ埋めましょう

その方が女性も共通点を見つけやすいですし、真剣に恋活していることが伝わりやすいですよね。

写真も載せた方がマッチング率はあがります。

男性だって、写真がない女性に「いいね」を送ろうとあまり思わないですよね。女性も同じです。

ここで、注意してほしいことは、プロフィールを充実させたいからといって、だらだらと長文を書かないということです。

ぱっと見て分かりやすい文章のほうが読んでみようと思われやすいです。

逆に長文だと、読む読まないを考える前に、スルーされてしまう可能性があります。

プロフィールができたら、一度、自分で見やすいか確認してみましょう。相談できる友達がいれば、見てもらうのもいいかもしれませんね。

1人だけでなく、何人かに「いいね」を送る

マッチングアプリを初めて使う人がやりがちなのが、気になる女性1人だけに「いいね」を送り、「いいね」が返ってくるのをじっと待つということです。

一途で、誠実な人であることは分かりますが、「いいね」が必ず返ってくるとは限りません。

ですので、この人いいな、と思った女性には気軽に「いいね」を送るようにしましょう

メッセージの交換をして会ってみないと、その女性がどんな人か分かりません。

一番気になっていた女性が、実際に会ってみると、「ちょっと違うなあ」なんてこともありえます。

マッチングした女性全員と会えるということはなかなかありませんので、とりあえず、女性とデートができるように、何人かに「いいね」を送りましょう。

女性も何人かに「いいね」を送っているはずですから、マッチングできたとしても罪悪感を感じる必要もありません。

返信しやすいメッセージを送る

せっかくマッチングしてメッセージを送ったのに返事が返ってこない、なんてこともあります。

メッセージのやり取りをして仲良くなれないと、デートに誘うことすらできませんよね。

メッセージを送ったのに返ってこない理由は、返信しにくいメッセージを送ってしまうからです。

初めから長文を送ってしまっていたり、タメ口だったり、いきなりラインを聞くのはNGです。

気になる女性とマッチングできて嬉しいのは分かりますが、最初から長文のメッセージがくると「重い」と感じる女性は多いです。

逆に、ラフな感じでいこうと思ってタメ口でメッセージを送ってしまうと、女性はチャラい、遊んでいそうと思ってしまうかもしれません。

初めからラインを聞くなんてもっての外です。

遊び相手を探していると思われたり、最悪の場合、詐欺をしようと思っているのではと思われることもあります。

「いいね」をありがとうという言葉があるだけでも、好感度はあがります。

趣味などの話題や、簡単な質問などで相手が返信しやすいメッセージを送るようにしましょう。

警戒心の強い女性は多いので、初めのうちは適度な距離をたもって、誠実だとアピールすることが大切です。

最初のデートは、食事などで軽い雰囲気にする

メッセージでやり取りをしてある程度、仲良くなれば、次はいよいよデートです。

デートとは言っていますが、最初は顔合わせくらいの気持ちでいきましょう。

初めて実際に会うのですから、お互いに緊張していると思います。緊張しながら長く会話をするのは難しいですよね。

なので、短めの時間で、仕事帰りでもOKな食事デートがオススメです。

一緒にいる時間が短い方が、会話が途切れることも少ないと思いますし、話題に困れば料理を話題にすればOKです。

そして、1回目のデートで大切なことは、「一緒にいて楽しかった、また会いたいな」と相手に思わせることです。

話したいことを全部話してしまうより、次にとっておいた方が、2回目のデートに期待させれますよね。

会話するときも、「うん」や「そうだね」だけを返してしまうと、会話が途切れやすくなり、相手にその話題に興味がないと思われてしまいます。

たとえ、その話題で分からないことがあっても、「〇〇ってなに?」といった質問を入れることで、興味があるということが相手に伝わります。

会話をできるだけ切らないように、会話が続くような返答をしましょう。

また、1回目のデートは、ボディタッチも控えめにした方がいいです。

誠実さのアピールにもなりますし、前にも言いましたが、警戒心の強い女性は多いです。

会っていきなりボディタッチをしてしまうと、からだ目当てだと思われてしまうかもしれません。

相手に警戒心を持たれてしまうと、2回目のデートにつながる確率がガクッと下がってしまうので、注意しましょう。

 

まとめ

マッチングアプリが出会いのツールとして一般的になってきているのですから、恋活に使わないのはもったいないですよね。

マッチングアプリでの恋活では、2カ月から3カ月と短い期間で彼女を作ることができます。

けれど、マッチングアプリの使い方を間違ってしまうと、いつまでたっても彼女ができないどころか、誰とも会えない可能性もあります

マッチングアプリで彼女を作るためには、まずは、気になる女性とマッチングできるようにプロフィールを充実させたり、その後のメッセージのやり取りが続くようにしましょう。

コツさえつかめば、女性と付き合ったことが少ない人でも彼女を作ることができると思います。

マッチングアプリを使って彼女ができて、繰り返しの日々にいやしができればいいですね。

最新情報をチェックしよう!