注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

マッチングアプリで彼女ができた!【2ヵ月で彼女を作る5つのコツ】

  • 2021年11月9日
  • 2021年11月9日
  • 恋人

社会人になると平日は仕事、休日は体力の回復や趣味に忙しくて、恋人を探す時間なんてないですよね。

長い付き合いの女友達は彼女になってくれる見込みもない。だからといって、新しい友人関係を広げるきっかけも時間もない。

今は独身でも十分楽しく暮らしていける時代になってきました。ですが、長い人生をずっと一人で生活していくというのも味気ない気がします。

彼女がほしいけど、探している時間もなければ出会う方法もわからない

 

そんな人にぴったりの恋活ツールがあります。それはマッチングアプリです。

マッチングアプリに登録してから彼女ができるまでにかかる期間は、驚くことに平均3ヵ月です

マッチングアプリをうまく使いこなせば、さらに短い2ヵ月で彼女ができたという人もいます。

そこで、マッチングアプリが恋活ツールとして優秀な理由と、マッチングアプリで彼女ができた人たちに学ぶ2ヵ月で彼女を作る5つのコツを紹介します。

 

マッチングアプリが恋活ツールとして優秀な理由

仕事に趣味に忙しい現代人には恋が難しい。そんな人たちが増えています。私もそんな人たちの一人でした。

私が使ってみて実感した、マッチングアプリが恋活ツールとして優秀な理由をまとめました。

  •  交際スタートまで平均3か月
  •  手軽に始められる
  •  週に1~2人のペースでデートできる
  •  会う前にメッセージのやり取りができる

 

登録から彼女ができるまで平均3ヵ月

時間がない現代人がいま出会いに求めるのは、何といっても「スピード」ではないかと思います。

マッチングアプリは共通したニーズ(出会い)を求める男女をつなぐアプリなので、相手が交際条件に合っていると思えばすぐに交際を始めたいという人が多いのです。

登録から彼女ができるまでの平均期間は、なんと3ヵ月という調べがあります。

ちなみに、登録から初めてのマッチングまでにかかる日数は、平均1週間です

運に任せていい人が現れるのを待つだけでは何年かかるかわかりませんよね。

短期間で交際までいきたいと思っている人には、特にぴったりの恋活ツールといえます。

手軽に始められる

アプリという手軽さも魅力の一つです。

食事をしながらでも、仕事の休憩中でも、寝る前のベッドの中でも、「いいね」を送る指先ひとつで恋活できてしまいます。

週に1~2人のペースでデートできる

マッチングし会う約束ができれば、土曜日に1人、日曜日に1人というとても効率的な恋活計画が組めます。

普通に生活していたら、まず無理ですよね。

きのう違う人とデートしたばかりなのに悪い気がする

 

なんて悩む必要はありません。マッチングアプリを使って彼女を探すために、出会いの確率を高めるのは当然のことです。

会う前にメッセージのやり取りができる

出会いの方法には、合コンやお見合い、友達の紹介などたくさん種類がありますが、はっきり言って気が重くなりませんか。

私も何度も合コンに参加しましたが、合コンの多くは実際に会場に行くまでどんな人が来るかわかりません。

好みの異性がいなくても、人付き合いのため最後までいなくてはいけない部分にもストレスを感じていました。

ひどい時は合コンの数日前から断る理由を考えていたこともあります。

マッチングアプリなら、プロフィールでどんな人なのかがわかるし、会う前にメッセージのやりとりが出来ます。

無駄な出会いが少なくなるのはかなりのメリットだと思います

 

マッチングアプリは自分に合ったものを選ぶ

マッチングアプリと聞くと、昔の出会い系サイトを思い浮かべて「なんかあやしい」と警戒する人もいると思います。

安心してください。

今の日本では、実に20代から30代で恋人がほしい男女の5人に1人がマッチングアプリを利用して出会っている、という調査結果があります。

マッチングアプリにもそれぞれの出会いの特徴があります。

「30代の出会いに強い」「ニッチな趣味仲間に出会える」「利用者が多くマッチングしやすい」「真剣交際を求める人が多い」などさまざまです。

マッチングアプリに登録する前に、自分はどのような出会いを求めているのかを考えてみましょう。

マッチングアプリで彼女ができない人は、まずマッチングアプリ選びから間違っている人が多いです

30代に強いマッチングアプリに20代が登録しても、満足のいくマッチングは難しくなるだけですよね。

自分にあったマッチングアプリを探すこと。これが彼女ができる最短ルートを行くための準備です。

 

マッチングアプリで彼女ができるまでのステップ

自分に合ったマッチングアプリが見つかったら、次は実際に登録してみましょう。

とはいっても、ネットで出会うという方法が想像しにくい人もいると思います。

そこで、マッチングアプリに登録してから彼女ができるまでのステップを簡単に紹介します。

マッチングアプリで彼女を作るには、具体的にどのような手順が必要になってくるのでしょうか。

 

マッチングアプリに登録

まずは、自分に合ったマッチングアプリに登録します。

登録に必要になる情報は、主にニックネーム、住んでいる地域、身長、趣味、職業などです。

気になる女性に「いいね」を送る

次に、検索機能で女性を検索し「いいね」を送ります。

「いいね」は「あなたが気になっています」「あなたと話してみたいです」という意思表示になる機能です

「いいね」が返ってくるとマッチング成立

「いいね」を送った女性から「いいね」が返ってくるとマッチングが成立します。

これは、プロフィールを見てお互いに「話がしてみたい」と思っている状態です。

メッセージを交換する

マッチングしたあとは、メッセージをやりとりします。

プロフィールから受け取った第一印象から、会話をしてさらに相性を確かめます。

デートの約束をする

メッセージを交換で相手がどんな人かを確かめながら、実際に会う約束をします。ここまでくれば、あとは普通の恋愛と同じです

楽しい時間が過ごせるか、一緒にいて落ち着くかなどをデートで確認しましょう。

告白し、OKが出れば交際スタート

「いいね」、メッセージ、デートで自分に会う相手だとお互いが感じ、告白が成功すれば晴れてカップル成立です。

 

マッチングアプリで彼女ができた人がやっている5つのコツ

マッチングアプリを使えば誰でも彼女ができるという甘い話はありません。

マッチングアプリで彼女ができた人には、それなりの理由があるのです。

そこで、マッチングアプリで彼女ができた人は必ずやっている5つのコツを紹介します。

ここさえ押さえれば、2ヵ月という短期間で彼女を作るのも夢ではありません。

  •  プロフィールを充実させる
  •  マッチングするまでとにかく「いいね」する
  •  メッセージにため口は絶対だめ
  •  最低3回はデートする
  •  LINE交換は付き合ってから

 

プロフィールを充実させる

「いいね」は何を判断して送ると思いますか。プロフィールですよね。マッチングアプリでプロフィールはまさに自分自身です。

運転免許証のような顔写真の人に「いいね」を送りたいと思うでしょうか。

ありのままの姿を見てほしいからといって、髪もひげも整えず適当な服で写っている人に魅力を感じるでしょうか。

マッチングアプリは就職活動と同じだと思ってください

女性が会いたいと思ってくれるような自己紹介になっているだろうか

 

と想像力を働かせ、自分に問いかけながらプロフィールを作ってみましょう。

顔写真は無料で使える写真加工アプリでいいので、肌色補正や明るさの調節は必ずしましょう。

モデルのようなポーズは必要ないですが、撮影角度はとても大事なポイントです。

撮る前にネットで参考になりそうな写真を見ておくといいと思います。

プロフィールの内容で絶対に書いてはいけないのは「自慢話」と「ネガティブな話」です。

共通の話題になることや好きなものなど、二人の会話が弾みそうな要素をいれましょう。

マッチングするまで、とにかく「いいね」する

「本当に相性のよさそうな人にしかいいねしない」という人がいますが、損をしています。

恋人ができないという人には、圧倒的に出会いの数が足りていません。

マッチングアプリで彼女ができた人の平均マッチング数は20人です

恋人ができる平均期間が3ヵ月なので、約4.5日に1人とマッチングしていることになります。

言葉は悪いですが、マッチングの段階では質より量です。どんな人か、相性がいいか、と考えるのはマッチングしてからです。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たります。

それに、あなたが付き合いたいと思うような魅力的な女性は、たぶん多くの男性から「いいね」をもらっています。

「いいね」しようか迷っているうちに彼氏ができてしまうのです。

マッチングアプリでもたもたしているのは無駄な時間です。積極的に「いいね」しましょう。

メッセージにタメ口は絶対だめ

マッチングするとメッセージのやりとりをします。

この時になれなれしくタメ口を使ったり、距離感もわからない内からイジったりするのは絶対に止めましょう。

ラフすぎる口調よりは、丁寧すぎる口調の方がいいです。目上の男性に話す時と同じ緊張感を持ってメッセージを考えましょう

マッチングはするけどメッセージからデートまでが遠い

 

「マッチングはするけどメッセージからデートまでが遠い」という人は、自分のメッセージを見直してみてください。

とはいえ、マッチングアプリでは相手の女性も恋人探しの真っ最中です。どんなにいいメッセージを送っても

いいねは送ったけれどやっぱり合わないかも

 

と判断すれば、最初のメッセージにさえ返信しない女性もいます。

どうしてうまくいかなかったのかという反省も大切ですが、一番大切なのはくじけない気持ちです。

メッセージの返信が返ってこなくても気にせずに次の出会いに目を向けましょう。

最低3回はデートする

マッチングアプリで彼女ができた人の平均デート回数は3~5回です。

3ヵ月で交際をスタートしたという人は、同じ女性と2週間に1回のペースでデートしていたことになります。

マッチングアプリは出会いから付き合うまでが早いという特徴をもつツールです。

2ヵ月で彼女を作るとなると、早く告白した方がいいと思う人がいると思います。

ですが、私の経験からいうと最低3回はデートをした方がいいと思います。

初めのデートはどうしても無意識に背伸びをしてしまうものです。

よく見られたい
2回目のデートにつなげたい

 

つまり、自分のことばかりが気になって相手のことが見えていません

2回目のデートの約束ができたら、今度は相手としっかり向き合うようにしましょう。

ちょっとした仕草や話し方なども、細かいことですがお付き合いするうえでは大切なポイントですよね。

3回目のデートまできたら、脈はあると考えていいのではないでしょうか。

相手は貴重な休日を削ってでも会う価値があると判断している証拠だからです。

3回目のデートでは、2回目までに感じた「好きかもしれない」という自分の直感を疑ってみましょう。

早く彼女が作りたいからといって、誰でもいいわけではありませんよね。

「いいね」をするときも自分なりにひかれるところがあって選んでいたはずです。

彼女が早く欲しいからと、自分の気持ちを誤魔化していないか確かめましょう。

デートは就職活動でいえば面接です。

会社の面接ではTPOを考えられるか、職員とよい人間関係を作れそうかなど社会人の自覚があるかもテストされますよね。

デートも同じで、恋人への接し方を試し、試されているのです

会社の面接は、面接を受けに来た人を面接官が一方的に評価し採否を出します。

デートではお互いが面接官となって恋人にふさわしいかを判断します。

会社と従業員は雇用という上下関係がありますが、恋人はパートナーという対等な関係です。

人生を助け合っていける相手であるかを、デートで証明しなくてはいけません。

自分だけが面接官のつもりでデートをしていませんか。デート相手もまた、あなたを面接していることを忘れないでください。

就職活動で3回目の面接となれば、役員面接か社長面接レベルです。

内定確実と油断していると、彼女はあなたの気の緩みを厳しく見抜いて不採用のハンコを押すでしょう。

また、「他の男性に取られる前に告白しないと」と焦る気持ちで告白するのはおすすめしません。

女性にその気持ちが伝わり「急かされてる」と思われてしまってはマイナスの印象にしかならないからです。

本命の女性と縁が切れれば、また「いいね」からやり直しです。急がば回れの気持ちで、デートは丁寧に重ねましょう。

デートの回数は「あなたのことがもっと知りたい」という誠実さを示す意味もあるのです。

LINE交換は付き合ってから

LINEは交換すべきか迷いますよね。

聞かないとその気がないと思われたり、逆に失礼にならないかな

 

と考えてしまう人もいると思いますが、LINEは付き合ってからの交換が無難です。

マッチングアプリのメッセージ機能を使えばLINEは必要ありません。

早まってLINEを聞いてしまうと、女性は急に距離をつめられた気がして恐怖感をもちます

本名でLINEに登録している人も多いですしね。

不必要に警戒心を与えてしまう言葉や行動は避けましょう。一度開きかけた心も一気に閉じてしまいます。

 

まとめ

マッチングアプリが恋活ツールとして優秀な理由と、マッチングアプリで彼女ができた人たちに学ぶ2ヵ月で彼女を作る5つのコツを紹介しました。

恋愛の良し悪しに、出会う方法は関係ありません。マッチングアプリはいまや立派な出会いのツールです。

彼女を作るには、とにかく出会いのチャンスを増やすことが第一です

恋活もいまや省エネの時代、恋をする暇もない人にマッチングアプリはおすすめのツールです。

マッチングアプリで恋活するうえで必要なのは、メッセージを無視されても、デートにつながらなくても挫折しない心です。

その心とお伝えしたコツをしっかり踏まえれば、きっとすぐにステキな彼女に出会えますよ。

最新情報をチェックしよう!